看護部長のひとりごと

蓮田一心会病院 看護部長森山が日々をつぶやきます

シャント・PTAセンター

以前より、正田副院長がシャント増設・PTAなどを行っておりましたが、

この度センターを開設いたしました。

ホームページに副院長の凛々しい姿が掲載されています。

https://www.hasuda-issin.jp/about/feature/shunt/

(依頼日に即日実施可能です。お気軽にご相談ください。)

 

正田副院長に転勤後ご挨拶をしたときに、あまりにもピンクのスクラブが

まぶしすぎて、先生のお人柄まで観察できなかったのが印象的でした。

日々仕事をしていくうちに、写真の笑顔の通り、優しく丁寧に指導してくださる

先生だと実感しています。

 

看護師を対象に、昼の時間にシリーズで勉強会を開催していただいておりますが、

人気が高く多くの出席者があり、COVID―19の感染拡大防止のため、

残念ながら現在はお休みしています。

 

小さな病院ですが、副院長ををはじめ、スタッフのチームワークがいい病院です。

f:id:hasudaissinkaihp:20200808085753j:plain

笑顔の素敵な正田副院長

 

ひとりごと作成

看護部長のひとりごとを初めて数日が経ちました。

 

「ひとりごと」は出勤後、早い時間に作成するように心がけています。

作成したものは、総務課長がホームページにアップしています。

看護でいう実施時のダブルチェックですね。

 

ブログのちょっとしたアレンジも、お互いが理解していないと、作成者と

アレンジが別のものになってしまいますね。同意や理解は看護でも重要ですね。

 

最後に総務課長をちょっとだけ紹介します。課長は、ホームページや職員の名札、

名刺、学生パンフレットの表紙などもデザイン企画しています。

本人は独学でと言っていますが、優しいイメージがあり素敵な作品です。

写真はNGだそうです。想像してみてください・・・笑

f:id:hasudaissinkaihp:20200807114737j:plain

学生パンフレットと総務課長(写真NGのため自画像です・・・笑)

 

めだか

当院の外来の小さな池には、めだかがいます。

池をのぞくと数種類のめだかが元気におよいでいます。

 

f:id:hasudaissinkaihp:20200805131331j:plain

めだかの学校(そーっと覗いてみてください笑)

産卵した器具を別の容器にかえたり、赤ちゃんめだかの面倒をみたりと

医事課の方が熱心にやっていただいています。

 実は、ここに書いていることは、その方に教えてもらったんです。

f:id:hasudaissinkaihp:20200805131357j:plain

めだかの親御さん


よく勉強しているんです。。

 

当院にお越しの際は、めだか池を覗いてみてください。

そーっと!ですよ。

 

看護補助者研修

今年度の院内研修は、コロナウイルスの影響で、WEBで実施しています。

 

WEB研修は、直接相手の反応が見られないことが残念ですし、

なぜか普通の研修より緊張してしまうのです。

 

2つの補助者研修を終了して、参加者のレポートを読み、真剣に聞いて

書いていることを感じました。

 

補助者の方から声を掛けられ、組織の中で働く、人に話せないことがたくさんある、

同僚間でも話せないこと、話してはいけないことなど、

重要な仕事をしているという実感と大切なことを学べましたと言われて、

チーム医療の一員として頑張っていただきたいと思いました。

誤字

 2回のブログを載せましたが、昨日のブログに誤字がありました。

自分では「確認したつもり」でしたが、

ブログを載せてから見てみると誤字があり、「つもり」は

気持ちのゆるみだったと反省しています。

 

 看護の現場でも、インシデントが発生したとき、曖昧な返事しか

できない場合があります。

手順に沿って実施したか?ちゃんと確認したか?

など、はっきり返答ができるようにしたいですね。

今日のブログは、「ちゃんと見直ししました」と言えるよう、見直しました。

採用試験

今年は、コロナウイルスの影響で学生の

皆さんは、夏休み期間が変更になっているのではないでしょうか?

ホームページには、詳細を載せていませんが、

当院の採用試験、病院見学は随時行っております。

お気軽にお問合せください。

 

コロナウイルス感染拡大が懸念され、不必要な外出自粛が続いていますが、

自宅で過ごす時間を有意義に活用してみてください。

自宅付近の散歩でも小さな発見があるかもしれません。

 

辞令交付

蓮田一心会病院に転勤して10か月が経ちました。

1年の経験を持つ院長先生と転勤して3か月の事務長と

私の3人で目標にむかって3人4脚で走り出したところです。

そして、本日看護係長2名の辞令交付がありました。

f:id:hasudaissinkaihp:20200704160221j:plain

院長からの辞令を聞きながら、緊張している自分に気づき、

親のような心境になっていました。

係長としての活躍を期待して、午後からはオリエンテーションをしました。

係長1日目は、頭がぐるぐるしていたと思います。