看護部長のひとりごと

蓮田一心会病院 看護部長森山が日々をつぶやきます

目標ヒアリング

年が明けて、忙しい日々が続いています。

今週に入り、次年度の目標ヒアリングが始まりました。

各部署で目標を設定して、事務長とヒアリングをしていきます。

看護部はまとめて時間設定し、実施しました。

大切なことは「どのようになりたい」から

この目標があり、実施していくことですよね。

 

ヒアリングが初めての所属長もいて、かなり緊張していました。

質問されて「あっ!」となる場面もあり

人に伝える力と、人の言葉を理解していく力が

大事だと感じたと思います。

「ここの病院にかかってよかった」と思っていただけるよう

頑張っていきたいと思っています。

コロナ感染についても課題がたくさんあり

忙しい日々を過ごしていくと思います。

看護師国家試験を受験する皆様、受験日まで1か月をきりましたね。

体調管理をして試験に備えてください。

初雪?

天気予報では、低気圧の影響で

雪の予報だったので

普段は車通勤をしていますが

安全を考え、今朝は電車で来ました。

 

緊急事態宣言の影響か電車内は空いていて

換気のために、窓が少し開けられていました。

歩いたせいか、寒くても気持ちのいい

出勤になりました。

健康を考えたら、電車通勤がいいのかもしれません。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

日々コロナの感染者が増え、

医療現場で働いている皆様は、

大変な年末年始だったことと思います。

お疲れさまでした。

今朝の年頭朝礼の院長あいさつの中で、

「地域に根ざす病院として、また

 職員として働きたい病院として頑張りましょう」

という言葉がありました。

f:id:hasudaissinkaihp:20210104134530j:plain

年頭朝礼で院長から挨拶がありました。

地域の皆様と連携して、皆様に愛される病院として

頑張っていきたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

最後に初日の出の写真を知人よりいただきましたので、

載せました。きれいですね。

f:id:hasudaissinkaihp:20210104134502j:plain

初日の出

 

仕事納め

今日は仕事納めです。

 

1年間ブログを読んでいただいたみなさま、

ありがとうございました。

 

今年は、春からコロナの感染により

外出自粛、マスクの不足

(マスクを洗って使ったのは初めてでした。)

院外研修の中止やWEB研修などいろいろな事がありました。

当たり前が当たり前ではない1年でした。

外出自粛は、普段できない仕事や家庭での時間を有効活用

できたと思っています。

 

院内感染対策にむけた会議や情報収集の時間が増え、

家庭では家族との会話が増え、

手作りマスクの作成や普段できないところの掃除もできました。

 

まだまだ感染は拡大しておりますが、

良いお年をお迎えください。

 

 森山

3密

今年の新語の中に「密」や「リモート」

などの言葉が選ばれましたね。

コロナウイルス感染の影響で、当たり前に

出来ていることが出来ない年になりました。

その代わり、密になるな、換気をして

などが当たり前になりましたね。

そして、みんながマスクをして歩いてるところなど、

今まででは考えられない光景ですね。

日々、部長室も窓を開けて換気しているので、

「寒いですね」から会話が始まります。

ひざ掛けとヒートテックは外せないですね。

今朝は一番寒かったですね。

もっと寒くなりますが、寒さと闘いながら

「密」「換気」を継続していきます。

散歩

連日コロナの感染者が増え

「不要な外出は控えてください」と

ニュースで流れていますね。

感染者とそれに伴う重症者が増え

医療の現場で働く方の身体的、精神的な

疲労も大きいことと思います。

自分も医療現場で働いていますが

夜のニュースを見ていると

「何かできないか」と思ってしまいますね。

昨日は、天気が良かったので気分転換と

体力増進に向けて散歩に行きました。

銀杏の木がきれいだったので、写真を撮ってきました。

ちょっと心の栄養剤になりますように。

f:id:hasudaissinkaihp:20201207111028j:plain

青い空と黄色い銀杏がきれいなコントラストをなしています

 

出張

1124日に、白岡中央総合病院に

出張で出かけました。

科長から説明時、副院長が入ってきました。

見慣れないユニホームを着ていて、

「何だろう?」と思っていると

「出前救急が軌道にのりはじめたよ」と

副院長から声がかかりました。

f:id:hasudaissinkaihp:20201126090715j:plain

出前救急のユニフォームです!


私がいるころより、始まったプロジェクトで

2月から運用して、需要が高まったという話でした。

地域のニーズに合わせて、何に着目するかが大事ですね。

このプロジェクトは、救急に携わった副院長だから

考えられたと思っています。

他院の紹介になってしまいましたが、

昨年までおりましたので、この救急車を見かけたら

ひとりごとに載っていたと思ってください。

20年前は、スタイルがとてもよかった副院長です。

お互いに月日を感じます。

f:id:hasudaissinkaihp:20201126090809j:plain

20年の月日...感じて頂けますか??